北アルプス

2018年4月13日 (金)

今朝の北アルプス 餓鬼岳


今朝の北アルプス 餓鬼岳
手前の緑色は麦畑

青空に浮かび上がる北アルプスが美しい朝でした。
愛知県からお越しのNさんたちは、朝食を済ませて7時40分にはご出発。大町公園や霊園、光城山山頂などからの満開の桜と北アルプスを堪能されたのではないでしょうか?



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月31日 (土)

今朝の北アルプスと霜



今朝も、北アルプスがはっきりくっきり浮かび上がっていました。



しかし、足下には霜がおりています。オオイヌノフグリやヒメオドリコソウも霜化粧!?

日中のひざしの暖かさで寒かった冬が遠ざかったような気がしてしまいますが、朝晩と日中との温度差が20℃もあるこの時期の信州の寒暖差は、予想以上に大きいのです。館内は暖かくしておりますが、皆様、調節できる服装でお越しください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月26日 (月)

午後の北アルプス



本日も晴天なり。日中は20℃を越え、春を飛び越え初夏のような暖かさに、上着はいらないのでは?と思うほどでした。

こちらはまだもう少し先ですが、各地から桜の便りが聞こえてきましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月25日 (日)

快晴の週末



晴天に恵まれた週末となり、土日とも北アルプス展望日和でした(写真は土曜日の午前中)。
先日、現れた爺ヶ岳の種まき爺さんの雪形は、また雪の中に身を隠してしまいました。

ちょうど1年前に初めて来られ、今回が5回目のご宿泊となった愛知県のUさんは、朝食前に光城山&長峰山までひとっ走り!山頂からモルゲンロートに染まる北アルプスを眺められたそうです。素晴らしいフットワークに脱帽です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月18日 (日)

北アルプスと熱気球(フリーフライト)



今朝、蓮華岳と岩小屋沢岳の間あたりに熱気球が2機浮かんでいるのを発見し(空をバックに1機、その真下の山をバックにもう1機小さく写っているのがわかりますか?)、あわてて館内からパチリ!



あっという間に高度を下げ、着陸態勢に。



熱気球フリーフライト(自由飛行)は、完全予約制で3月31日までやっています。春休みの思い出にいかがですか?詳しくは安曇野汽船のHPhttp://www.azuminokisen.com/?page_id=6をご覧ください。



集合場所の道の駅「寄って停まつかわ」は、森のみち草から車で約15分。熱気球目的の皆様のご宿泊も大歓迎です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月17日 (土)

「第11回いけだまち北アルプス展望ウオーク」参加者募集中!



毎年5月に開催される人気イベント「いけだまち北アルプス展望ウオーク」、11回目となる今年も参加者の募集が始まりました。

詳しくはこちらhttp://ikeda.naganoblog.jp/e2232432.htmlをご覧の上、お申し込みください。
森のみち草も、参加される方のご宿泊受付中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月15日 (木)

松本から望む常念岳


松本市のアルプス公園 山と自然博物館5階展望台から見た北アルプス 常念岳(中央)


森のみち草付近から眺めた常念岳は、一番左の白い山(2月14日撮影)

見る場所によって形や印象が違って見える北アルプス。ぜひいろんな場所から眺めてみてください。
山と自然博物館(入館料大人300円、中学生以下無料)は、展望台だけの利用(無料)もOK!スタッフに声をおかけの上、絶景をお楽しみください。

まきば山荘の跡地(展望テラスができていました)からの眺めもオススメです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月14日 (水)

晴天続き



今日で4日連続の北アルプス展望日和。
気温の方も、一気に春が来たかのような暖かさです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月11日 (日)

今朝の北アルプス

朝食準備中に窓の外を見たら

正面の餓鬼岳


台形の有明山、その左奥が横通岳、一番左の白い山は常念岳


北側の爺ヶ岳、鹿島槍ヶ岳、五竜岳

昨日と打って変わって全部見渡せ、白さが増しているのがわかりました。
今週は安定したお天気が続きそうですネ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 5日 (月)

爺ヶ岳に“種まき爺さん”の雪形現る



昨朝、ふと見たら爺ヶ岳に種まき爺さんの雪形(3つある峰の一番左の南峰に)が出ていました。

山の雪の解け具合を見て農作業の目安にしたという先人たちの知恵が詰まった“雪形”、今年春が早そうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧