クラフト

2020年3月20日 (金)

春分の日

P_20200320_081936

今日は春分の日。東京では桜が見頃になっているところもあるそうです。今年は特に早いですねぇ。

信州は桜までもう少しですが、館内は春を先取りしてみました。

| | コメント (0)

2020年3月14日 (土)

『北アルプス国際芸術祭 2020』延期

P_20200314_140836

5月31日~7月19日に大町市内5つのエリアで開催予定の『北アルプス国際芸術祭 2020』、新型コロナウイルスの感染拡大を受けてこのほど延期(会期日程は未定)が決まりました。3年前に初開催され、来場者で大町がにぎわいました。森のみち草にも全国各地から芸術祭目的のお客様がたくさん訪れてくださいました。それがきっかけで、「いいところですね」と、繰り返し訪れてくださる方も現れたほどです。

第2回の今回は14か国から41組のアーティスト(中国や韓国などからの方も)が参加予定でした。今の世界の状況ではやむを得ないですね。実は今回は、森のみち草から歩いて行けるスポットも会場のひとつにあげられていたのです。

楽しみにしていた皆様、残念ですが“中止”ではなく“延期”ですので、あと何ヶ月後になるかわかりませんが楽しみが先に伸びたと考え、もう少しお待ち頂けたら嬉しく思います。詳しいことが決まったら、お知らせ致します。よろしくお願い致します。

| | コメント (0)

2020年2月27日 (木)

荒井秀成さんのてるてる坊主

P_20200227_135435

てるてる坊主を作り続けている大町市北原町の荒井秀成さんが、26日の信濃毎日新聞折り込みタウン紙「MGプレス」“Face”欄に紹介されました。前日、てるてる坊主を届けに来てくださった時に「取材を受けたので明日載るかも?」と話していた通りの掲載でした。

わが宿(「はじめの一歩」→「森のみち草」)のリピーターさんにはおなじみの荒井さんの手作りてるてる坊主、実は彼が高校を卒業した1994年に作り始めたそうです。池田工業高校在学中に、童謡「てるてる坊主」を作詞した浅原六朗が池田町の出身だと知ったのがきっかけでした。私たちが荒井さんと出会ったのは1999年、彼は木崎湖キャンプ場、私たちはまだ白馬の時代でした。それから現在まで「てるてる坊主をおひとつどうぞ」と宿に置かせて頂き、数え切れないほどたくさんの方の笑顔に出会うことができました。今のかわいいミニサイズになるまでの作品の移り変わりも興味深く見てきました。彼自身の考えで休止したことも何度かありましたが、また前向きに作っている姿を見られてホッ…。荒井さんが、無理なく楽しく思いを込めて作ったてるてる坊主、そしてそれを受け取った方が笑顔になれる(それを見た私たちもにっこり)、そんな架け橋にこれからもなれることを嬉しく思います。

森のみち草以外にも、大町市や池田町、松川村などのお店やスポットでさりげなく置いてある場所があります。見かけたら、おひとつどうぞ!

 

| | コメント (2)

2020年2月10日 (月)

羊毛フェルトのウサギさん

P_20200207_162322

にんじんを手にちょこんと立つ姿がかわいい羊毛フェルトのウサギさん。何と、最近趣味で始めたという友人Nさんの手作りです!私に似ているからと、先日プレゼントしてくれました(嬉しいなぁ~ ありがとうございます!)。手ざわりも心地良くて癒やされます。玄関で皆さんをお迎えしているので会いに来てくださいネ。

 

| | コメント (0)

2020年2月 9日 (日)

まつぼっくり

P_20200207_161702

風が吹くと、庭にはたくさんのまつぼっくりが落ちています。雑木林のような森のみち草の敷地の中でも特に多いのが松の木なので。お子さんもリース作りやクラフト制作に利用したい方も、どなたでもご自由にお持ち頂いてます。きれいなのをたくさん拾ってくださいね!

| | コメント (0)

2020年1月27日 (月)

おひなさま

P_20200124_113940

少し早めですが、今年も玄関におひなさま(息子が小学生の頃の作品)を飾りました。月遅れのひな祭りまで飾り、皆さんをお迎えします。

| | コメント (0)

2020年1月14日 (火)

いちごの盛り合わせ!?

P_20200114_143331

ダイニングやこたつコーナーに置いてあるリンゴ(近所のパッチワーク名人Tさん作)のことは、以前このブログでご紹介しました。小さいお子さんを中心に楽しんで頂いておりますが、今度は何とTさんが“いちご”を作ってくださいました。ありがとうございます!赤くてつぶつぶのや白くていちご柄やいろいろあって楽しいです。Tさんいわく「食べようとした人がいた」とか!?

こたつの上にありますので、ご覧くださいネ。残念ながら、食べられません(笑)。

| | コメント (0)

2020年1月12日 (日)

お花のリースのプレゼント

P_20200112_103530

出発前に記念撮影される大阪のKさんご夫妻。ご夫婦2人だけで来られたのは、20年以上ぶりではないでしょうか?奥様のAさんは、昨日のブログでご紹介したお風呂プレートの作者さん(双子の娘さんとともに)です。まだ独身だった20代の頃から(『森のみち草』の前の『はじめの一歩』に)来てくださっていました。なので、もう30年以上のお付き合いになりますね(早い~)。ご結婚されてからはお2人で、Mちゃん&Rちゃんが生まれてからは4人で、2人の娘さんが成長され今回また2人で…と、旅のスタイルは変化してもずっと訪れてくださり嬉しいです。

P_20200112_102148

ご自宅アトリエで絵の教室も開かれており、作品制作にも意欲的なAさんですが、今回はこんな素敵なお花のリースを作ってプレゼントしてくださいました。森のみち草のイメージで作ってくださったオリジナル作品です。早速、客室横の白い壁に飾らせて頂きました。ありがとうございます!

P_20200111_112002

↑以前から飾らせて頂いているこちらの静物画(油彩画)と、下↓のイギリス旅行で描かれた作品(水彩画)も、Aさんの作品です。じっくりとご覧ください。

P_20200111_111908

| | コメント (0)

2020年1月11日 (土)

お風呂プレート

P_20200111_112203

森のみち草のお風呂(2階)のドアにかかっているこの“お風呂プレート”、初めてのお客様に館内のご説明をすると、「手作りですか?」「かわいいですね!」とよく言われます。実は、10年以上前に大阪のKさんご家族(お母さんのAさんと当時小学校低学年だった双子の娘さん)が、作ってプレゼントしてくださった世界にひとつだけの作品なのです。昨日からAさんが泊まってくださっています。

| | コメント (0)

2020年1月 8日 (水)

雪の結晶のパッチワーク

P_20200105_082939

↑ 昨年末よりダイニングの壁を彩っているのは、『雪の結晶』のパッチワーク(おなじみ近所のパッチワーク名人 津野尾冨代さん作)

「雪よふれふれ」の願いをこめて、今冬ずっと展示予定。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧