雪形

2016年5月23日 (月)

北の種まき爺さん、鍬をかつぐ



爺ヶ岳 南峰(左)から主峰につながる稜線の中央部に現れている「北の種まき爺さん」、すでにもう鍬(くわ)をかついでいます。今年は、花や山菜と同じく雪形の進み方も早いです。


(「新版 信州雪形ウォッチング」近田信敬 著)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 4日 (水)

春耕の季節



森のみち草の下の田んぼで、本日、田植えが始まりました。

爺ヶ岳の"種まき爺さん"の雪形や鹿島槍ヶ岳の"ツルと獅子"の雪形も、その様子を見守っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年5月 2日 (月)

あづみ野エフエム「頂は今日も晴天なり」に出演します

あづみ野エフエムで、毎週土曜日(午前9時~9時15分)放送中の「頂(いただき)は今日も晴天なり」に、森のみち草オーナーのKONこと近田信敬が出演し、北アルプスの雪形についてお話しさせて頂くことになりました。


(ただ今収録中)

先日、パーソナリティの大岩堅一さんが番組の収録に来られました。大岩さんには、FM長野の頃から大変お世話になっており(ありがとうございます)、そのためか自然体でインタビューにこたえていたように見えましたが、本人はそれなりに緊張していたとのこと。さてどんな放送になるのでしょうか?


(大岩さん)

あづみ野エフエムは、コミュニティFMですが、インターネット(サイマルラジオ)で、パソコンやスマホを利用すれば全国どこからでも聞くことができます。

あづみ野エフエムのHPhttp://www.azuminofm.co.jp/(←クリックしてね)にも聴き方http://www.matsuaz.biz/761/2016/04/30/1461984494883.htmlが出ていますので、もしお時間があって状況が許せばぜひお聞きください。

放送は、5月7日(土)(再放送14日)が前半、21日(土)(再放送28日)が後半で、時間はいずれも9:00~9:15です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月23日 (土)

今朝の北アルプス 爺ヶ岳と鹿島槍ヶ岳



森のみち草下側から写した今朝10時頃の爺ヶ岳と鹿島槍ヶ岳。未舗装の道にはタンポポが。のどかな春の風景です。爺ヶ岳(左)には、種まき爺さんの雪形、鹿島槍ヶ岳のツルと獅子の雪形が出ています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月19日 (火)

五竜岳の武田菱の雪形、見頃です!


(白馬村 白馬幼稚園付近から)

五竜岳山頂直下の岩肌に出現する「武田菱」(4つの菱形が並んだ武田家の家紋)の雪形が見頃になっています。

白馬村内のどこからでも長い期間眺められ、誰にでもわかりやすく親しまれている雪形です。雪形はまだ見たことがないという方も、この時期白馬へ行ったら探してみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月13日 (水)

爺ヶ岳の種まき爺さんの雪形、見頃です!



爺ヶ岳の南峰(3つの峰の一番左)に現れている種まき爺さんの雪形。先人たちが種まきの目安にしたといわれる雪形です。


「新版 信州雪形ウォッチング」(写真・文 近田信敬 信濃毎日新聞社刊)より

北アルプスにも残雪が少ないようで、今春の種まき爺さんは例年よりも早くから登場していました。里は春耕の季節です。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月22日 (火)

今朝の北アルプス



氷点下の気温だったという今朝は、気持ちの良い北アルプス展望日和でした(写真は、朝9時頃の北アルプス 爺ヶ岳と鹿島槍ヶ岳)。


爺ヶ岳をクローズアップすると、"種まき爺さん"の雪形が先日までよりもはっきりしていることがわかります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 6日 (日)

今朝の北アルプス 爺ヶ岳と鹿島槍ヶ岳


今朝8時過ぎの北アルプス爺ヶ岳(左)と鹿島槍ヶ岳。

この写真ではわかりづらいですが、爺ヶ岳南峰( 3つの峰の一番左)には、山名の由来となった"種まき爺さん"の雪形が出ています。

暖かいですがかなりの強風です。ご注意ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月23日 (火)

梅雨の晴れ間



梅雨の晴れ間の昨日、雲の中から見え隠れしていた爺ヶ岳(手前に広がっているのは麦畑)。



雨続きだったので久しぶりに見た「北の種まき爺さん」の雪形は、この時期(6月)鍬をかついでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月19日 (火)

白馬乗鞍岳のニワトリの雪形



白馬のオリンピック道路沿いにある白馬幼稚園付近から見た白馬乗鞍岳のニワトリの雪形。
写真の中央に、残雪が形づくる右側を向いた大きな尾長鶏(おながどり)がいるのかわかりますか?

ここからは現在、他にも代かき馬、雄馬(白馬岳)、仔馬、種まき爺さん婆さん(小蓮華山)、嫁岩(白馬乗鞍岳)などたくさんの雪形か見頃になっているのが眺められます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧