「森のみち草」からのおすすめスポット

2021年1月14日 (木)

御宝田遊水池の白鳥

P_20210114_134120

安曇野市明科の御宝田(ごほうでん)遊水池に、今冬もシベリアからの冬の使者である白鳥が来ています(カモの仲間もいっぱい)。

P_20210114_134741

思い思いに泳いだり水に潜ったり、好天の今日は北アルプスをバックに飛翔する姿もたびたび見られました。今冬は、新潟など日本海側の雪が多過ぎるためルートを変えて信州に来ている白鳥もいるという話を聞きました。明科方面へ行かれたら、ぜひ立ち寄ってみてください。

| | コメント (0)

2021年1月10日 (日)

国宝仁科神明宮に『歴史展示館』オープン

P_20210107_161536

国宝仁科神明宮境内(池の北側)に、この1月『歴史展示館』がオープンしました。

P_20210107_161447

20年に一度の式年遷宮祭(2019年11月)に合わせて開催された『仁科氏歴史文化展』(仁科の郷イベント実行委員会 主催)がきっかけとなり、常設展示が実現することになりました。年表や写真(真夜中に行われた遷座祭の写真も公開されています)とともに仁科氏や遷宮についてわかりやすく解説されています。参拝の際にはぜひお立ち寄りください。12日~3月12日は土日祝日のみ開館で3月13日以降は毎日開館。入場無料で9時~16時。

| | コメント (0)

2021年1月 9日 (土)

仁科神明宮社務所横の木彫りのアマビエ

P_20210107_155811

仁科神明宮に初詣に来られた皆様、社務所が開いている時でしたら、ぜひ隣接する休憩所(現在は閉鎖中)でコロナ退散を祈って自ら手を合わせている木彫りのアマビエもご覧ください。大町市出身の木彫り作家 高橋貞夫さんが思いを込めて制作され、昨年神明宮に寄贈してくださった作品です。私も訪れるたびに手を合わせています。

社務所で販売しているお守りの中には、高橋さんがひとつひとつ掘られた木彫りのアマビエのお守りもあり、疫病退散を願うあまりに購入してしまいました。1月12日~3月12日は社務所は週末と祝日のみとなりますのでご注意ください。

| | コメント (0)

2021年1月 8日 (金)

初詣は国宝仁科神明宮へ

P_20210107_160418

2019年の式年遷宮祭開催により、以前より注目を集めている国宝仁科神明宮(写真は、国宝に指定されている本殿・釣屋・中門です)。3が日は初詣客でにぎわったそうですが、それほど密にならないのも安心です。これからの時期はさらにゆっくりと参拝頂けます。初詣がまだという方、ぜひ仁科神明宮へ足をお運びください。

| | コメント (0)

2020年12月29日 (火)

安曇野アートヒルズミュージアム閉館

P_20201222_113355

1991年のオープン以来、安曇野で人気の観光スポットだった安曇野アートヒルズミュージアムが2020年12月末日で閉館します。本日行って来られたKさんご夫妻の話だと、閉館を惜しむお客さんでにぎわい商品も残り少なくなっていたそうです。私たちも1週間前に訪れ(写真はその時のものです)お水用のグラスや一輪挿しの花瓶などを購入しました。もう足を運べないなんて…。

「コロナが閉館の決め手になった」と地元紙に掲載されていましたが、残念でなりません。以前は迫力満点の映像が楽しめる『アイマックスシアター』も隣接されていて、こちらもおすすめでした。ショップには高価なものから普段使いのリーズナブルなものまで揃っていて、見るのも楽しかったなぁ。地域に根ざしガラス作家さんの発表の場でもあったアートヒルズ、29年間ありがとうございました!

| | コメント (0)

2020年10月23日 (金)

池田町長福寺の大イチョウ

P_20201021_165014

池田町 長福寺(ちょうふくじ)の大イチョウ、間もなく見頃です(21日撮影)。

| | コメント (0)

2020年10月20日 (火)

今日の 大峰高原七色大カエデ、見頃です!

P_20201020_145231

池田町大峰高原(標高1000m)に立つ樹齢約250年の七色大カエデ 現在見頃を迎えています。

NHkEテレの『いないいないばあっ!』の中で流れる“カエデの木のうた”のロケ地でもあり、2010年初夏の新緑・秋の紅葉・冬の雪景色の撮影にワンワンが訪れました。今でも時々番組の中で素晴らしい映像が流れるので、ご存じの方も多いかもしれません。

 

| | コメント (0)

2020年10月 6日 (火)

仁科神明宮の アマビエのお守り

P_20201005_100131

7月に、国宝仁科神明宮に登場した木彫りのアマビエ(大町市出身の木彫り作家 高橋貞夫さん制作。社務所横の休憩室にあり、どなたでもご覧になれます)のことをご紹介しました。

昨日、仁科神明宮を訪れたら、様々な種類のお守りに混じって『木彫りのアマビエ』のお守りがあるのを発見!まだ届いたばかりとのことで、高橋貞夫さんがひとつひとつ手作りされているものだそうです。「疫病退散」を願って、思わず手に取ってしまいました。手を合わせているアマビエ、コロナ収束に御利益(ごりやく)がありますように…。

| | コメント (0)

2020年9月25日 (金)

『信濃おおまち★満喫宿泊キャンペーン』対象地域全国に拡大&期間延長

P_20200924_174701

9月13日のブログでご紹介した(おそらく)日本一お得にご宿泊頂ける『信濃おおまち★満喫宿泊キャンペーン』、これまでは対象地域(26県)限定でしたが、10月1日ご宿泊分から対象が47都道府県に拡大し、開催期間も11月末まで延長されることが決定しました。大切なことなので何度も書きます(笑)が、観光庁のGoToトラベルキャンペーンと併用OKというお客様ファーストの企画なので、「本当にこんなに安く泊まって大丈夫なんですか?」というほどのお得感です。大町市内35の登録宿でご利用頂け、昨日から予約受付を開始しています。

上の写真は、森のみち草に泊まってくださった場合(おひとり6000円以上のご宿泊)に大町市観光協会で受け取れる3000円の宿泊助成券+2000円分のクーポン券(←大町市内の飲食店やお土産屋さんなどで利用でき、宿泊助成も可)です。

皆さんに見つけてもらいやすいように、楽天トラベル・じゃらんサイトの森のみち草のプランに『信濃おおまち★満喫宿泊キャンペーン』プランを作りました。そちらにも手続きの方法を載せましたので、ご予約を検討してくださっている方はぜひご覧になってお得にお泊まりください。

【10月1日追記】8月1日より対象地域限定でスタートしたこのキャンペーン、対象地域が全国に拡大されたことで知名度も上昇し、急激にお申し込みが増えたそうです。おかげさまで9月30日に定数に達し、大好評のうちに受付終了となりました。間に合わなかった皆様、これから利用しようと考えていた皆様、申し訳ありませんでした。しかし、GoToキャンペーンはまだまだ(1月末まで)続きます。10月からは15%のクーポンもお渡ししておりますので、お得感満載!ぜひご利用ください。

| | コメント (0)

2020年9月13日 (日)

『対象地域限定 信濃おおまち★満喫宿泊キャンペーン』好評実施中!

P_20200909_124605

日本中のどこよりも安く泊まれる(調べた限り、大町市より良心的な値段の企画はありませんでした。もしあったら教えてください!)『信濃おおまち★満喫宿泊キャンペーン』、11月8日チェックアウト分まで好評実施中!

対象は、東北6県、群馬県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、四国4県 の計26県にお住まいの皆様。宿泊代金10000円以上の場合5000円分の宿泊助成券+2000円分の市内で使えるクーポン、宿泊代金6000円以上10000円未満の場合、3000円分の宿泊助成券+2000円分のクーポンをお申し込み先着15000名様にご利用頂けるという気前の良さ。しかも、GoToキャンペーンと併用できるので、信じられないほどのお得感です。たとえば、1泊2食10000円の宿でしたら、GoToキャンペーンで3500円引き&大町割で5000円引き=1500円で泊まれてしまい、その上2000円のクーポンまで頂けてしまうのですから…。それを人数分(10名様まで)おひとり2泊まで!!

気になった対象地域の皆様、ぜひ大町市観光協会のサイト『信濃大町なび』の【信濃おおまち★満喫宿泊キャンペーン特設サイト】をチェックしてみてくださいね。手続きの手順としては、泊まられる宿にご予約頂き(←その際、事前カード決済ではなく必ず“現地決済”をお選びください)、それと同時にキャンペーンリクエストフォームよりお申し込み頂く形です。ご宿泊当日に観光協会にお立ち寄り頂き、宿泊助成券+クーポンを受け取ってから宿のチェックインをお願いします。

スタート時はまだあまり知られていませんでしたが、森のみち草でも最近は少しずつご利用くださる方が増えて来ました。まだ間に合いますので、この機会にぜひお得に大町にお泊まりくださ~い。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧