« 庭のフキで、きゃらぶき風 | トップページ | 静岡から »

2018年6月 4日 (月)

爺ヶ岳の 北の種まき爺さん、鍬をかつぐ

本日も素晴らしい北アルプス展望日和でした。朝食時に山の残雪模様 雪形の話になり、興味を持ってくださった愛知のOさん夫妻、神奈川のHさん&Iさんと庭に出て“ミニミニ雪形ウオッチング”となりました。

今日の爺ヶ岳


爺ヶ岳南峰(一番左の峰)から主峰につながる稜線の中央部あたりに現れた「北の種まき爺さん」、鍬をかついでいます。残雪が多くなるこの時期ならではの“鍬をかついだ爺さん”、は、自然が造った山の芸術品!
間もなく梅雨入りしそうですが、爺ヶ岳が見えていたら探してみてください。


参考文献:「信州雪形ウォッチング」(写真・文  近田信敬  信濃毎日新聞社)←森のみち草オーナーの著書

|

« 庭のフキで、きゃらぶき風 | トップページ | 静岡から »

北アルプス」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

雪形」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505884/66800180

この記事へのトラックバック一覧です: 爺ヶ岳の 北の種まき爺さん、鍬をかつぐ:

« 庭のフキで、きゃらぶき風 | トップページ | 静岡から »