« 「西郷どん!」(吉橋通夫 著) | トップページ | 切り干し大根の煮物 »

2017年12月20日 (水)

見る場所で形が違う常念岳

晴天だった今日の北アルプス(森のみち草付近より)


右の台形の山が“信濃富士”とも呼ばれる有明山、そして雪をかぶった白い山の中で一番左が常念岳です。

クローズアップすると・・・

馬の背のように見えます。

こちらは、大王わさび農場(安曇野市穂高)付近から見た2日前の常念岳

安曇野市や松本市から見ると、常念はこのように尖って見えます。

いつも麓から眺めている北アルプスの山々ですが、同じ山でも見る場所によってこんなに違って見えるんですよ~

|

« 「西郷どん!」(吉橋通夫 著) | トップページ | 切り干し大根の煮物 »

旅行・地域」カテゴリの記事

北アルプス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見る場所で形が違う常念岳:

« 「西郷どん!」(吉橋通夫 著) | トップページ | 切り干し大根の煮物 »