« ハッピ姿のハッピーくん | トップページ | 昨日の夕景 »

2017年7月13日 (木)

北アルプス国際芸術祭2017~信濃大町食とアートの廻廊~(市街地エリア)

市街地エリアは、駅前通り周辺の10ヶ所に作品が点在しているので、町歩きを楽しみながら巡れます。


「はじまりの庭」原倫太郎+原游

信濃大町駅前インフォメーションセンターのある 元パチンコ屋さんの建物が会場。さぁ、ここからスタートです。


「たゆたゆの家」原倫太郎+原游

2階の ひもを引いてシャボン玉を作るしくみが面白くて、何度も試してしまいました。1階も素敵な癒し空間です。


「セルフ屋敷2」コタケマン

元ピアノ教室だったという建物がセルフ屋敷に。はしごで上がる2階も含め、各部屋のドアを開けると、不思議なコタケマンの世界が広がっています。


「みすずかるしなの」湊茉莉

18年前から誰も住んでいなかったという蔵が、作家さんの作品制作の場に選ばれました。床下には川が流れ、水の音が聞こえます。


「全ては美しく繋がり還る」浅井裕介

ダムエリアのエネルギー博物館壁画を手がけた作者が大町名店街の道路に、歩くのが楽しくなるような作品をたくさん描かれました。


「私は大町で一冊の本に出逢った」ジミー・リャオ(台湾)

台湾の人気絵本作家さんが、大町の街中図書館の試みに共感し、それをモチーフに60種類のブックカバーを本にかぶせて展示。

昨日、空き時間を利用して出かけたので、市街地エリア10作品中6作品を訪れたところで時間切れでした。続きはまた次回に。

|

« ハッピ姿のハッピーくん | トップページ | 昨日の夕景 »

「森のみち草」からのおすすめスポット」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505884/65531849

この記事へのトラックバック一覧です: 北アルプス国際芸術祭2017~信濃大町食とアートの廻廊~(市街地エリア):

« ハッピ姿のハッピーくん | トップページ | 昨日の夕景 »