« ゆず大根 | トップページ | 今朝の餓鬼岳 »

2013年11月28日 (木)

野沢菜漬けています

1385648756747.jpg

今年は気候の影響か、近隣はどこも野沢菜が不作なのだそうです。いつもお世話になっている近くのOさんが畑で育てた野沢菜を確保しておいてくださったので、今年も漬けることができました。ありがとうございます!

塩、昆布、唐辛子、煮干しetcでいつもの手順で、おいしく漬かるように願いながら漬けました。明日の朝には水が上がっているかな?
2週間ほどで食べられるようになると思います。これから来られる皆さん、お楽しみに!

|

« ゆず大根 | トップページ | 今朝の餓鬼岳 »

ペンション」カテゴリの記事

宿」カテゴリの記事

料理」カテゴリの記事

コメント

極端な干ばつなら芽が出ませんが、
気候の影響というよりも、種を蒔く時期の問題かと?

昔は漬物用野菜の種は盆が明けたら蒔いたものです。
近年の残暑厳しい温暖化の影響で8月末から
更には9月に入ってから蒔くようになりました。

そして、数年前までは9月中旬以降でも、
問題が無かった、というか逆に早く蒔くと、
暖かい内に大きくなり過ぎて、虫が付いて
殺虫剤を散布しないといけませんでした。
基本的に秋蒔き野菜は消毒(着毒?)をしません。

ですが、ある意味気味が悪いくらいのエコブームで、
(みんな火の使用を控えて)
冬の訪れが急激になった気がします。
特に去年から顕著になりました。

本来の信州の季節に戻ったと捉えるのが
妥当なのかもしれませんが、私の持っている
少ない経験値が役に立たなくなりました。

で、チョット油断して種を蒔くのが遅れると
発育が極端に悪くなります。
ホンの2、3日の事で大きな差が出ます。

去年懲りたので、今年は9月に入ってすぐに
種蒔きをしたため、稲核菜も大根も予定通り
収穫出来ました。

種取用に1週間後に蒔いた稲核菜はまだ15センチ程で、
もうこれ以上大きくはならないでしょう。
大きくならなくても問題はありませんが。

ウチは稲核ですけれど、無駄に広い土地に、
必要以上に蒔いたので、まだ300キロ以上あります。

今年は100キロ漬けて、これで終わりなので、
必要なら差し上げますよ。来年以降でも。

投稿: つかはら | 2013年11月30日 (土) 16時47分

つかはらさん

種まきの時期って、とても重要なのですね。
ほんの2、3日の違いで、あとからそんなに差が出て来てしまうと聞いて驚きました。

近隣の直売所で、漬け物用野沢菜がすぐ売り切れてしまったというのには、そんな原因もあったのでしょうか?(あっ、でも明科の県道51号線沿いにある「明科ファーマーズマーケット」には最近まだあったと情報頂きました。買えなかった方は、問い合わせてみてください。)

市内でも もう少し北に住む知人の畑では、「今年は茎が太くなり過ぎて、あまりいい出来ではなかった」と話していましたが、こちらはきっと種まきが少し早かったということでしょうかね!?

温暖化や冬の訪れを伺いながらこれまでの経験や勘を生かして種まきされているのは、すごいことです。そんな苦労を知らず、いつも食べ頃&漬け頃になった農産物を分けて頂くばかりのわが家は、ありがたみを再認識しております。

稲核菜、おいしく漬かった頃に、食べに行きたいとチャンスを狙っています(おいしいおそばとともに)。楽しみです。

投稿: みち草(し) | 2013年12月 2日 (月) 10時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505884/58661830

この記事へのトラックバック一覧です: 野沢菜漬けています:

« ゆず大根 | トップページ | 今朝の餓鬼岳 »