« 好天の3連休 | トップページ | 第42回新行そばまつり »

2013年10月15日 (火)

こたつ登場

131016_010  寒くなって来たので、今年も畳スペースにこたつが登場しました。3世代で千葉から来られているKさんファミリーが、早速暖まってくださっています。
 午前中から台風の影響で雨が降り始めました。今後の進路が気になりますね。

|

« 好天の3連休 | トップページ | 第42回新行そばまつり »

ペンション」カテゴリの記事

宿」カテゴリの記事

コメント

子供の頃の暖房は囲炉裏と掘り炬燵しか
ありませんでした。

薪なんて都合の良い物は無く、燃やすのは
ブドウ、リンゴ等の剪定木。
囲炉裏で燠(オキ)にして、炬燵に運んで2度暖かい。

今では炬燵なんて使っていませんし、囲炉裏も
ディスプレイ用で火を焚くこともありません。

剪定木はあるので、燃やすことは可能ですが、
落ち着きの無い子供が飛び込んで火傷をする
可能性があるので使っていません。

投稿: つかはら | 2013年10月17日 (木) 06時30分

つかはらさん

このこたつは、“掘りごたつ風”ですが、昔は本物の掘りごたつを使っている家も多かったですよね!?時代の移り変わりとともに、暖房も変化しているのだなぁと感じます。

囲炉裏で燃やした剪定木をこたつに運んで2度暖かいとは、エコで無駄がなく素晴らしい!趣ある建物に囲炉裏がよく似合いそうですが、今はもうディスプレイ用なのですね。

うちの薪ストーブも時々「これ燃やすことできるんですか?(飾りかと思った)」と聞かれることがあります。薪は、庭の倒木などを割って乾燥させたものを利用し、自給自足(?)しています。

投稿: みち草(し) | 2013年10月19日 (土) 23時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 好天の3連休 | トップページ | 第42回新行そばまつり »