« 夏休みシーズン | トップページ | 大町市民バス「ふれあい号」で、信濃大町駅方面へ »

2013年7月24日 (水)

夕顔の煮物

13724_013 13724_018

 昨日、池田町のKさんからこんなに立派な夕顔(他、畑で採れた野菜いろいろ)を頂きました。ありがとうございます!煮物にして、今日の夕食メニューの一品に登場しました。

|

« 夏休みシーズン | トップページ | 大町市民バス「ふれあい号」で、信濃大町駅方面へ »

ペンション」カテゴリの記事

宿」カテゴリの記事

料理」カテゴリの記事

コメント

夕顔といえば干瓢で、昔は飛ぶように売れました。
当然ですが、干瓢はそのままでは食べられません。
そのまま食べられないものは売れ残ります。

近年というか21世紀に入ってからは
パッタリ売れなくなったので、夕顔自体を
作らなくなりました。

どうして日本人はこんなに料理が嫌いに
なったのでしょうか?

投稿: つかはら | 2013年7月25日 (木) 21時39分

つかはらさん

昔は夕顔も作られていたのですね。
夕顔といえばかんぴょう(かんぴょうといえばのり巻き!)ですよね!?

料理でも洗濯でも掃除でも、昔の人は今のように道具などなくても工夫して手間や時間を惜しまず行い、ずくがあったなぁと思います。世の中が便利になり何でもすぐ手に入るようになったことや現代人が忙しすぎることにも関係があるのではないでしょうか?

投稿: みち草(し) | 2013年7月28日 (日) 20時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏休みシーズン | トップページ | 大町市民バス「ふれあい号」で、信濃大町駅方面へ »