« 陽射し | トップページ | モルゲンロートに染まる餓鬼岳 »

2013年2月19日 (火)

「桜、ふたたびの加奈子」

13217_008  先日の信濃毎日新聞の記事で知ったのですが、4月に全国公開される映画「桜、ふたたびの加奈子」(広末涼子・稲垣吾郎主演)は、大町市出身のミステリー作家・新津きよみさんの原作「ふたたびの加奈子」の映画化なのだそうです。
 新津きよみ作品を知ったのは、信州が舞台の「安曇野殺人紀行」がきっかけでした。知っている場所や地名が出て来る作品が多くて親しみやすく、主人公の女性に感情移入しながらかなりの冊数を読みました。大町図書館にもたくさん寄贈されていて「新津きよみコーナー 」があるので、お近くの方はご利用ください。
 もう20年近く前になりますが、若一王子神社の節分で豆まきをされていた姿をお見かけしました。とてもきれいな方でした。ご実家のお父様は、新津内科医院の現役のお医者様。今年がデビュー25周年で著書は約80冊もあるそうですが、映画化は初めてとのこと。春の公開が楽しみです。

|

« 陽射し | トップページ | モルゲンロートに染まる餓鬼岳 »

旅行・地域」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

私も この方の大ファンです。
ご主人もミステリー作家さんですよね。

投稿: こたろうはは | 2013年3月 2日 (土) 00時40分

こたろうははさん

こたろうははさんも!嬉しいです。
読み始めると、どんどん引き込まれていきますよね!?

ご主人は、ミステリー作家の折原一さんです。

投稿: みち草(し) | 2013年3月 3日 (日) 22時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 陽射し | トップページ | モルゲンロートに染まる餓鬼岳 »