« 映画「黒部の太陽」 | トップページ | 関東甲信地方、梅雨入り »

2012年6月 8日 (金)

建物ウォッチング

Photo  森のみち草のある社(やしろ)宮本地区は、国宝 仁科神明宮(←わが宿から安曇野北アルプス展望のみちを南に800メートル  徒歩10分のところにある)によって栄えた地域だそうです。武家屋敷のような建物や歴史を感じさせる蔵など、時代劇に出てきそうな家並みが目を引くのはその名残り。その中に都会からこの場所が気に入って移り住んだ方たちのちょっとオシャレな家々が点在し、素敵に調和しているのが特徴です。建物ウォッチングも楽しいですよ~

|

« 映画「黒部の太陽」 | トップページ | 関東甲信地方、梅雨入り »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。