« タラの芽のてんぷら | トップページ | 庭に自生する桜 »

2012年4月30日 (月)

「カエデの木のうた」の子カエデの芽吹き in 森のみち草の庭

Photo_3  白馬の頃から引き続き訪れてくださっている東京のHさん夫妻は、Rくん(2歳)が生まれてからは初めてのご宿泊です。今日は、池田町の大峰高原に「いないいないばあっ!」のカエデの木を見に行ってから到着されました。芽吹きはまだだったけれど、大峰高原の桜がちょうど見頃できれいだったそうですヨ。
 わが宿の庭にも、「カエデの木のうた」の大カエデの子ども(池田町観光協会から分けて頂いた限定販売の2005年バージョン「シリアルナンバー14」)が元気に育っています。ここは、大峰高原(標高1000メートル)よりもだいぶ標高が低いので、もう芽吹きが始まっています。250年後には、お母さんカエデのような美しい姿を見せてくれるでしょうか?楽しみです。

|

« タラの芽のてんぷら | トップページ | 庭に自生する桜 »

宿」カテゴリの記事

ペンション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タラの芽のてんぷら | トップページ | 庭に自生する桜 »