« ヒメオドリコソウ | トップページ | ある冬の日の朝食 »

2012年3月17日 (土)

幻想的な風景

Photo 雨の1日でしたが、水墨画のような北アルプスと低くたれこめた雲が幻想的な景色を創り出していました。 今日のお客様は、青春18きっぷを利用して来られた神奈川のYさんご夫妻。 ゆっくりのんびり過ごしてくださいネ!

|

« ヒメオドリコソウ | トップページ | ある冬の日の朝食 »

自然」カテゴリの記事

コメント

この餓鬼岳を正面に望む場所は、私の師だった服部譲司先生の
お気に入りの場所で、いろいろな季節の数多くの作品を描いています。初期の作品(20年以上前)では、中央の道はまだ舗装されていなかったと聞いています。 私も安曇野を訪問した時は、毎回立ち寄ります。

投稿: たかchan | 2012年3月18日 (日) 16時16分

たかchanさん

そうだったのですね。ここは、森のみち草から見える風景です。大がかりな“ほ場整備”が行われた際(?年前)にずいぶん変わったと近所の方から聞いています。中央の道もその時に舗装されたのではないかと思います。

投稿: みち草(し) | 2012年3月19日 (月) 10時47分

お久しぶりです。
本当に信州の景色は素晴らしい。shine

ものすごくお世話になった元上司が3月で
定年退職されます。
退職後の進路はまだ聴いていませんが、
「のんびりできるようになったら是非行って
みてくださいhappy01」という気持ちを込めて、
「信州雪形ウォッチング」と花の本を贈りたい
と思います。booktulip
何がいいかなって思ってた時、はたっとひらめき
ました。notes


投稿: 西のそよ風 | 2012年3月20日 (火) 10時40分

西のそよ風さん

尊敬される元上司の方への贈り物に「信州雪形ウォッチング」と「花の達人になれる本」を思い浮かべてもらえるなんて・・・私たちって、何て光栄なんでしょう。(ところで、本はあるのかしら?)

寒暖の差が大きいこの3月は、雪形が出たかと思ったらまた雪で隠れたりの繰り返しですが、雪形も花も間もなくシーズンに入りそうです。

投稿: みち草(し) | 2012年3月21日 (水) 05時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヒメオドリコソウ | トップページ | ある冬の日の朝食 »