« 上伊那郡 飯島町の梨 | トップページ | 松本市新村のひまわり »

2011年9月 3日 (土)

ママコノシリヌグイ

 この季節になると庭の雑草に混じってたくさん咲く ピンクの小さな花 ママコノシリヌグイ(タデ科イヌタデ属)。こんなにかわいい花なのに、「ママコノシリヌグイ(継子の尻拭い)」というかわいそうな名前なのはなぜ?と、ずっと思っていましたが、小さなトゲが無数に生えた茎や葉で“憎い継子の尻をこの草で拭く”という想像から来ているのだそうです。ちょっと触れただけでも痛いトゲトゲのこの草でお尻を拭かれたら、考えただけでも痛くて悲鳴をあげそうです。

Photo_2  ママコノシリヌグイの他にも、やはりタデ科でピンク色のイヌタデやミズヒキも雑草と共存。青いツユクサ(ツユクサ科)もまだまだ元気に咲いています。

|

« 上伊那郡 飯島町の梨 | トップページ | 松本市新村のひまわり »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 上伊那郡 飯島町の梨 | トップページ | 松本市新村のひまわり »