« 爺ヶ岳の「北の種まき爺さん」の雪形 | トップページ | 「まつかわいけだ 手打ちそば処 つるつるっとまっぷ」 »

2011年5月19日 (木)

工芸の五月企画展「野にたずさえる」 in アトリエ宇-sora-

Photo Photo_2

 安曇野のクラフト作家たちの間で、今、“安曇野遊山箱”が人気なのだそうです。緑が鮮やかで吹く風もさわやかな今の季節、野に出てお茶やコーヒーを楽しむのは、安曇野に住む人にとって至福の時間!その安曇野遊山を楽しむためのグッズとそれらを入れる箱(安曇野遊山箱)を展示しているのが、アトリエ宇-sora-さんです。池田町の陶芸家 小久保隆司さん(陶房白露)が骨董屋さんで見つけたおかもちを自分流の遊山箱にアレンジしたのが始まりで、作家仲間に広まっていったとか。ものを生み出す作家さんたちの発想の豊かさが楽しく、見ているだけで遊山したくなってきます。工芸の五月企画展として31日までやっています(不定休)ので、立ち寄ってみてください。

|

« 爺ヶ岳の「北の種まき爺さん」の雪形 | トップページ | 「まつかわいけだ 手打ちそば処 つるつるっとまっぷ」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

このアトリエ、私の自宅より5分の距離。それにしても、何時の間にこんな素敵なアトリエができたのやら。
ちょっとわかりにくいですが、アートヒルズの向かい側の小道を少し入ればOK。道路沿いに看板があります。

投稿: グレート | 2011年5月21日 (土) 10時50分

グレートさん

そんなにお近くだったのですね。

アトリエ宇-sora-の宇田川さん、黒姫で15年、小川村で5年の後、昨年11月の「安曇野スタイル」の時に、こちらで(移転)オープンされたそうです。隣接する家具工房で生み出されるご自身の作品や、つながりのある作家仲間さんたちの作品がとっても素敵!オープン1年目とは思えないほど地域に密着している感じがしました。

投稿: みち草(し) | 2011年5月23日 (月) 07時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 爺ヶ岳の「北の種まき爺さん」の雪形 | トップページ | 「まつかわいけだ 手打ちそば処 つるつるっとまっぷ」 »