« 大雪のち晴れ | トップページ | 木崎湖の白鳥 »

2011年2月16日 (水)

青空に浮かびあがる白馬三山 & 五竜岳の「武田菱」の雪形

Photo

 モルゲンロート(6時半過ぎ)に染まる早朝から始まり、今日は1日北アルプスがきれいに見えていました。日が長くなるにつれて夜明けも早くなりましたね。

Photo_2  昼間、の配達で白馬へ。こんな快晴の日のドライブは、景色を見ながら思わず鼻歌♪が出てしまいます。まっ青な空に浮かびあがった白馬三山(右から白馬岳、杓子岳、白馬鑓ヶ岳)に見とれて、あちこちでカメラを向けている人に出会います。私もそのひとり(笑)ですネ。オリンピック道路の白馬幼稚園付近でパチリ、松川にかかる白馬大橋でパチリと、どこから撮っても絵になります。

Photo_3  五竜岳には、山頂付近に武田氏の紋所そっくりな割菱の雪形「武田菱(五竜菱)」が出ています。山頂直下の雪がつきづらい岩肌に現れる雪形なので、比較的長い期間(5月中旬頃まで)見ることができます。形もわかりやすく遠くからでも見つけやすいので、山が見えていたら探してみてくださいね。白馬岳の「代かき馬」や白馬乗鞍岳の「ニワトリ」などその他の雪形は、これからです。今年もまた時期が来たらご紹介していきますので、お楽しみに!

|

« 大雪のち晴れ | トップページ | 木崎湖の白鳥 »

「森のみち草」からのおすすめスポット」カテゴリの記事

北アルプス」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

雪形」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大雪のち晴れ | トップページ | 木崎湖の白鳥 »