« 池田町 堀之内の「cafe風のいろ」建築状況その後 | トップページ | その後の雪 »

2010年12月26日 (日)

手作りしめ縄

 宿泊されていた愛知のKさんご夫妻お見送りした後、家族3人でクリスマス飾りを片づけました。約1か月間、皆さんに楽しんで頂けました。また来年!

Photo Photo_2

 そしてちょっと早いですが、玄関にしめ縄を飾りました。このしめ縄は、池田町に住む今月99歳になられたYさんが作ってくださったものです。Yさんが池田町観光協会など町内あちこちの公共施設に、毎年(30年ほど前からとのこと)自作のしめ縄を作って届けているという話を以前聞き、一度お会いしてお話をお聞きしたいと思っていたところ、念願がかなって先日お目にかかることができました。激動の時代を生き抜いて来られたYさんの話はとても深く、含蓄があります。しめ縄は、自己流で始められたそうですが、ワラや芝草を刈るところからスタートし(一昨年まではバイクで行っていたそう)それを干して乾燥させ、オリジナリティーを加えながら編んでいくのは大変“ずく”のいる細かい作業です。お会いできただけでも嬉しかったのに、わが家(宿)の分まで作ってくださっていて感激しました。来年はいい年になりそうです、ありがとうございました!来年100歳を迎えられるYさん、優しいご家族に見守られながら、これからも健康に気をつけご自分のペースでしめ縄作りを続けていってくださいね。
 これから年末年始に森のみち草を訪れる皆さん、玄関のこのしめ縄、もう一度よく見ていってくださいね。 

|

« 池田町 堀之内の「cafe風のいろ」建築状況その後 | トップページ | その後の雪 »

旅行・地域」カテゴリの記事

宿」カテゴリの記事

ペンション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 池田町 堀之内の「cafe風のいろ」建築状況その後 | トップページ | その後の雪 »