« 春耕の季節 | トップページ | 田んぼの中の北アルプス »

2009年4月28日 (火)

白馬の雪形

Photo Photo_3

Photo_4

Photo_5

 爺ヶ岳の2人の種まき爺さんが今回降った雪で隠れてしまったので、白馬の雪形はどうかな?と気になり、確認してきました。
 やっぱり・・・ご覧の通り3月ごろの感じに戻っていました。「代かき馬」「ニワトリ」かろうじて頭とお尻が確認できた「仔馬」(わかりますか?) でも、毎年もっとも早く登場する五竜岳の「武田菱」は、雪をかぶっていい感じになりました。それぞれの雪形がどのぐらいまで姿を現していたか最新の状態ははっきりと把握できませんが、積雪によって部分的に雪がつき、いつもは見られない“幻の雪形”が登場しているなんてことも!?自然の力にはかないません。
 たぶん気温が上がって表面の雪が解けてきたら、間もなくはっきりとした姿を現すと思います。またご紹介したいと思います。

Photo_6

|

« 春耕の季節 | トップページ | 田んぼの中の北アルプス »

北アルプス」カテゴリの記事

「森のみち草」からのおすすめスポット」カテゴリの記事

雪形」カテゴリの記事

コメント

あら!?雪が降ったみたいですね。

先月は、クッキリと見えたんですけどね。

この時期の天気は・・解らないものですね!

投稿: tajikei | 2009年5月 2日 (土) 21時43分

tajikeiさん
やっぱり!tajikeiさんが行かれた日には、はっきり確認できたのですね。あの後、天気が崩れて寒くなり、次に山が見えたときにはこの風景でした。あんなにはっきり見えた爺ヶ岳の種まき爺さんも、不在期間(笑)がありましたよ。

投稿: みち草(し) | 2009年5月 4日 (月) 02時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春耕の季節 | トップページ | 田んぼの中の北アルプス »