« 「森のみち草」からの風景(その5)岩小屋沢岳 | トップページ | 田淵行男記念館 »

2009年4月 3日 (金)

五竜岳の武田菱の雪形

Photo Photo_2

 朝は冷えて霜がおり、ケン太の水入れの水にも氷が張っていました。ここ数日の気温の低さに桜前線も足踏み状態?満開の関東エリアからは「長く楽しめていい」と歓迎の声も聞こえて来ています。春の遅い信州でも、南から開花し、松本や安曇野では蕾もふくらんできました。白馬や大町は、毎年県内でも一番遅い開花ですが「まだかなまだかな?」と桜を待つ今の時期も、私は結構好きです。
 今日も北アルプスがきれいです。白さが増し、今年は超早目の登場だった爺ヶ岳の「種まき爺さん」の雪形も、ここのところ隠れたまま。「種まきにはまだ早すぎたかや?」と、雪の中に姿を隠してしまったのでしょうか?鹿島槍ヶ岳の「ツルと獅子」の雪形は、今日もくっきり!
北アルプスは、見る位置によって山の形や印象が違って見えるのがまた魅力的。鹿島槍の北の五竜岳を「森のみち草」の位置から見るとこんな形です。

Photo_3  白馬幼稚園の前で写した五竜岳(3月31日撮影 暗くてすみません)と比べるとだいぶ違って見えますよね。4つの菱形が並んだ武田家の紋所に似ているところから名がついた「武田菱」の雪形は、早くに現れ見つけやすく長く楽しめることから、多くの人に親しまれています。

Photo_4  北アルプスを遠望した写真は、高瀬川にかかる高瀬川大橋(池田町)から。

|

« 「森のみち草」からの風景(その5)岩小屋沢岳 | トップページ | 田淵行男記念館 »

北アルプス」カテゴリの記事

雪形」カテゴリの記事

コメント

続々と雪形が登場していますね!!

武田菱は、青鬼地区から眺めたことがあります!!

そのときに、近くにいたカメラマンが・・・僕が山に詳しそうな顔をしていたのか、あの山は、何て言う山ですか?と尋ねられ・・・
困惑したのを覚えています(笑)

投稿: tajikei | 2009年4月 4日 (土) 21時54分

tajikeiさん
そんなことがあったのですネ。
晴れた日の青鬼(あおに)からの北アルプスの眺めは、本当に素晴らしいですよね。

武田菱と同じ日に、同じ場所から代かき馬やニワトリ、嫁岩、小蓮華山の種まき爺さん&婆さんetc・・・を見ましたが、いずれも2月ごろとそれほど変化がない感じでした。3月下旬の低温が山に雪を降らせ、雪形も足踏み状態。出る時期を見極めているかのように思いました。

投稿: みち草(し) | 2009年4月 5日 (日) 14時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「森のみち草」からの風景(その5)岩小屋沢岳 | トップページ | 田淵行男記念館 »