« 庭の山椒 | トップページ | 徒歩10分の国宝 »

2008年6月27日 (金)

ふさすぐりのジャム

Photo

Photo_2 Photo_3

 昨夜、涼馬が通う絵の教室の先生から、庭で実っていたふさすぐりの枝を頂きました。「ジャムにすると色がきれい」とお聞きしたので、早速作ってみたら・・・本当に鮮やかな色のジャムができあがりました。甘酸っぱくておいしいです。明日から朝食のメニューに登場しますので、お楽しみに・・・。

Photo_4 Photo_5

|

« 庭の山椒 | トップページ | 徒歩10分の国宝 »

宿」カテゴリの記事

料理」カテゴリの記事

コメント

「うわーっ。おいしそう!」。ふさすぐりは、始めて聞く名前です。何科の植物なんでしょうか。夏にピッタリの色ですね。
奥様はお料理が上手なんですね。もっともっとペンションの美味しい話題を待ってます。
 

投稿: かずっぺ | 2008年6月28日 (土) 13時50分

かずっぺさん、コメントありがとうございます。
ふさすぐりは、ユキノシタ科スグリ属で、「カラント」とも呼ばれているようです。
数年前、旧本城村(現筑北村)の「西条温泉とくら」で、ふさすぐり酒やジャムと出会い、それ以来の再会でした!
料理上手というよりは、ただの食いしん坊という方が当たっていると思います(笑)

投稿: みち草(し) | 2008年6月29日 (日) 05時56分

いいなあ。うちのは、3−4年、苗が育つでもなく枯れるでもなく、沈黙状態だったのが、先日枯れてました。よっぽど、合わなかったのね。今年は、ラズベリーが、全く花を咲かせないのは、なぜ?いつも、2キロくらい採れるのに。

投稿: あめふらし | 2008年6月30日 (月) 22時53分

あめふらしさんのお家の庭にも、あったのですね。ガーデニングの達人でも、そういうことあるんだぁと、ちょっとびっくりです。
ラズベリーが2キロ!?それは、すごい収穫量!去年から今年にかけての不順な気候も影響あるかも?

投稿: みち草(し) | 2008年7月 1日 (火) 04時43分

ゆすらうめとは違うのでしょうか?パパの実家にあるゆすらうめと似ています。種ありますよね。うちでは貰うとひたすらそのまま食べます。ジャムでもいいですね。来年は、作ってみようっと。

投稿: みるく | 2008年7月 1日 (火) 20時47分

みるくさん
実の色や感じは似ていますが、ゆすらうめ(バラ科サクラ属)の方が実が少し大きいみたい。実のつき方はふさすぐりの方が密集しています。種は裏ごししました。私はゆすらうめ、食べたことないんですが、友人はゆすらうめ酒を作っているようですヨ。実のなる木って、楽しいですネ!

投稿: みち草(し) | 2008年7月 4日 (金) 03時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 庭の山椒 | トップページ | 徒歩10分の国宝 »